稼いでる人は胡散臭い!?

人のことを悪くいう人の心理とコンフォートゾーン

こんにちは、izumiです。

あなたの周り、職場の上司や友人にいつも他人の足を引っ張っている人はいませんか?

「どうせできない」

「そんなうまい話はない」

そんな風に自分だけでなく、周りのやる気を下げる人いますよね。

今回はそんな、足を引っ張る人の心理とコンフォートゾーンという概念をお教えします。

コンフォートゾーンとは簡単に言えば心地が良い状態のことで、
人間はとにかくこのコンフォートゾーンから外れないようにする習性が強いのです。

何か新しいことに挑戦しようと考えても、
なかなかはじめられなかったり三日坊主で終わって

もとの生活習慣に戻るのもこれと同じ原理です。

「私、いつも三日坊主で物事が続かないんです」
「やろうと思っていてもついTVに夢中になって…」など、

はじめた頃は目標を持っていても、それが続かないのは
その人が元の生活習慣を快適な状態、コンフォートゾーンだと感じているからです。

コンフォートゾーン = ぬるま湯の状態。

私も以前、自分の健康のために何かしなければ!と思い、
早朝ジョギングする事を心に決めましたが、
意欲的に朝早く起きられたのはほんの数回でした;

これは私が、元の生活習慣を心地よいと感じていたからなのでしょうね。

このように人間は自分のコンフォートゾーンから自分自身が外に出ることを嫌います。

加えて人間は自分のコンフォートゾーンから他人が
外に出ることも不快、ストレスが溜まるのです。

足を引っ張る人はこれを感じて、
自分よりレベルの高い人を自分のコンフォートゾーンまで落としてしまおうとするわけです。

悩み

足を引っ張る、にも様々あります。
実質的に相手の成績やヤル気を下げようと行動に移す人。

それとは違い、
自分の心の中だけで相手を引き下げる人もいます。

自分の心の中だけで引き下げる、というのは
成功している人や芸能人を見て

「どうせ、悪いことしているんでしょう」とか
「失敗すればいいのに…」と心の中で思うということです。

ネットなどの匿名の掲示板などをみるとこういう行為よく目にします。

他人のレベルを自分のレベルまで引きずり落として無理矢理納得している人。

例えば収入で考えると分かりやすいです。

月収20~30万円ぐらいのサラリーマンが月収数百万超えの起業家を見て

「この人はどうせ悪いことをしているに違いない」と
無理やり相手のレベルを自分のレベルに落として納得しているケースは結構多いです。

というのも、そういう人たちはそう思わないと
自分自身の生き方を否定することになってしまうからです。

もちろん中には本当に悪いことをして稼いでいる起業家もいるでしょうが、たいていの場合は普通に努力した結果として高い収入、成功を収めている場合がほとんどです。

では、優れたマインドセットを持つ人はどう行動するのでしょうか?

自分のコンフォートゾーンから他人が外に出たときに
誰しもがストレスを感じると言いましたが、

優れている人は相手を引きずり落とすのではなく、相手のレベルを認めて自分自身が相手のレベルまで引きあがろうと努力するのです。

どうすれば自分のレベルを引き上げる事ができるのか。

それはやはり知識や経験、スキルへの自己投資と努力しかありません。

コンフォートゾーンから他人が外れたときにとりうる行動の2つ。

”足を引っ張る”
”自分が相手のレベルまで上がる”

どちらを選ぶ?

あなたはどちらを選びますか?
どちらを選ぶ自分でいたいでしょうか。

高めあう仲間と一緒にビジネスしませんか。

「まずは月収10万円稼ぐ為のノウハウ」を無料でプレゼントしています。このメルマガで私と共に「ネットビジネスで稼ぐ」をいう事を体感していきましょう。