仕事でやりたくないことは我慢しなくて良い!やりたくないことはやらない思考

やりたくないことができない。それは当然のこと

こんにちは、izumiです。

あなたは毎日やりたい事をやれていますか?

やりたい事を毎日楽しくできること、やりたいと思う仕事だけができたらとても楽しいですよね。

ですが、現実はそうはいきません。

雇われている会社員や企業に勤めている人ならば特に、自分の好き嫌いで仕事を選ぶことはできませんよね。

ただ、「やりたくないな~」と思いながら仕事をしたり、「嫌だな」と思うことを後回しにしていると、仕事のパフォーマンスは落ちてしまいます。

頭がすっきりとして、仕事のパフォーマンスが上がるのはやはり、
「自分がやりたいことをやっているとき」だけです。

それなのにほとんどの人が、自分の行動を「やりたいか、やりたくないか」で判断するということをしていません。

そういう習慣がないのです。

「やりたくないけど、やらないと仕方ないからやる」というのが、無意識の中に刷り込まれていませんか?

それは本当にやらないといけない事でしょうか?

この「無意識の刷り込み」を一度、根本から見直してみてください。

そんなこといきなり言われても……

そんなことは無理だ……

できない

そんな風に思った人は、まずは次のようなことを実践してみてください。

仕事は「やりたくないリスト」で頭をすっきり整理して考えよう

【用意するもの】
・紙(ノートやメモ帳のようなものでよい)
・ペン

1、まずは、用意した紙に「やりたくないこと」を書き出します。
数は5~10個程。なんでもいいです。
思いつく「やりたくないな」と今思っていることを書き出してみましょう。
家庭のことでも、仕事のことでも、対人関係でもいいです。

2、次に、今書いた「やりたくないこと」リストの中で、あなたが一番「やりたくないこと」を選びます。

3、そして、その選んだ「一番やりたくないこと」をやめてみる!

と、いうことができれば一番良いのですが、おそらく多くの人はこの段階で「そんな事はできない」「無理だ」と躊躇してしまうと思います。

一番やりたくないことが「仕事」や「家事」などだった場合、それをやめるというのはかなりハードルが高い、というよりもほぼできませんもんね。

なので、この「やりたくないことリスト」を書いた思考の中で、一番やりたくないことをやめてみましょう。

どういうことかといいますと、

もしもあなたが今一番やりたくないことが「仕事」と書いたとして、
行きたくないと思いながら会社に行き、やりたくないと思いながら仕事をしているのだとしたら、その「仕事」の中で、なにが最も嫌だと感じているのかを、もう一段階深く、掘り下げてみてください。

今、あなたは1と2の作業で「やりたくないこと」を特定しています。

ここから更にこのやりたくないことの何が嫌だと感じているのかを、考えてみるんです。

「仕事」がやりたくない、と書いた人は、その「仕事」の何が最も嫌なのか、もしかしたら仕事の内容がいつも単純作業ばかりでつまらないから、かもしれませんし、上司とうまくいっていなくて仕事に行きたくないと思っているのかもしれません。

人に気を遣ってばかりいるから疲れるから嫌だと感じているのかもしれません。

「家事」が嫌だという人は、何が一番嫌なのか。

買い物に行って、重い荷物を持つのが辛くていきたくないのか、毎日の食事を作るのが苦痛だと思っているのか、理由は様々ですよね。

そのような、もう一段階深い「やりたくない理由」を少し掘り下げてみてください。

そして、それを掘り下げてみたら、
「じゃあ、それをやめたらどうなるか」考えてみましょう。

「そんなことできっこない」
「やらないと駄目だ」「無理だ」という思考はちょっとだけ端に置いてみて、全力で「どうしたらやらなくていいか」を考えてみるんです。

上司が嫌、だと感じている人なら、どうしたら極力上司と話さなくてすむかや、単純作業が退屈な人は、それをしないということはできるか、単純作業を変えるには何があるか、

買い物が辛いならば、宅配サービスという手もありますよね。

食事を作りたくなければデリバリーだって良いアイデアです。

とにかく頭の中で「やりたくないことをやめる」思考実験をしてみてください。

これをしてみると、意外にやりたくないことをやめても大丈夫、という事に気付きます。

今の職場に合っていない、と言う人も、今の職場でやりたくないと感じていることを「やりたくないリスト」にして思考実験でやめてみると、意外とやらなくても大丈夫なんです。

自分の生活の中で嫌々やっていたけれど、実はやらなくても良かったことが結構あることに気付きます。

やりたくないことをやるのが仕事という意識を変えてみよう

あなたにとって、「やりたくないことを我慢してやる」という事が、無意識のうちに基本となってしまっていて、本当は「やらなくてもいい」という事が見えにくくなってしまっているんです。

この思考実験で、自分の中で無意識に持っている「やりたくないけれど、自分が我慢をしてやる」「やらなければ」という考えを、「やりたくないことはやらなくても大丈夫」という意識に変えていってください。

ただ、実際にはやめられない事もあるでしょうし、これをしてなんになるの?と思う方、いるかもしれませんね。

これをする本当の意味は、実は

「自分の意識を変える」

「常識だと思っている思考を変える」所にあると私は思っています。

「嫌な事を我慢する自分」があなたの中で常識になってしまっていませんか?

「やりたくないことをしないと稼げない」という思考が植えつけられていませんか。

これと同じ、「刷り込み」が

「長時間働かないと、それなりの賃金はもらえない」

「何かを犠牲にしないと、欲しいものを得ることはできない」という思考です。

世の中には、こういった考え方が常識になっているようです。

ですがこれ、本当にそうでしょうか。

本当に稼いでいる人にとって、長時間仕事をして時間に拘束されないとお金を得られない、などという考えはほとんど聞かれません。

この思考実験をすることで、あなたの常識だと思っている世界を見直し、

「やりたくないことを我慢してしなければいけない」世界から

「やりたくないことはやらなくて大丈夫」な世界へと一段引き上げること、

それが一番大切だと思います。

ネットビジネスもそうですが、自分で稼いでいこうと思った時、この刷り込みを壊すことがまず第一歩となってきます。

ここで是非、あなたの中の常識、もう一度見直してみましょう!

こちら「まずは月収10万円稼ぐ為のノウハウ」を無料でプレゼントしています。このメルマガで私と共に「ネットビジネスで稼ぐ」をいう事を体感していきましょう。


人気ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村