40代独身女性がすべきは貯金より投資!?お金持ちの思考とは

ただの消費から投資へ。考え方をシフトしよう!

40代独身女性の平均年収と仕事の仕方

こんにちは、izumiです。

先日、2017年10月24日に厚生労働省が「平成29年版厚生労働白書」を発表しました。

その中の「国民生活と社会保障 」という部分で、40代、40歳~49歳の世帯において、1994年から2014年の20年間の世帯総所得の変化を見ると、300万円未満の低所得者の世帯割合が11%から17%と増加する一方で、700~900万円未満や1,000万円以上の世帯割合が減少している、というデータが出ています。

このデータをみると、全体的に所得が低い世帯が増加の傾向へと向かっている、ということが読み取れます。

理由として、世帯の稼ぎ手が一人のみの、シングルマザー、ファザー世帯、そして、おひとりさまの世帯が増加している、というのが一因でもあるでしょう。

この傾向は、40代だけでなく、30代、50代にも言えるようです。

つまり、ひとり親やおひとりさまの世帯が増加傾向になり、しかもその世帯の平均の所得は低下の傾向にあるということがいえます。

年収が低下傾向にある、

その為、結婚している世帯の方は2人で稼ぐ、という選択が増えています。

ここ数年、夫婦のいる世帯に占める共働き世帯の割合は、1997年の41.5%から2014年には60.8%と約1.5倍に増加しているそうです。

それでも尚、平均年収が低下傾向というのはなかなか厳しいですね。

そして問題なのはやはり先述した、ひとり親世帯や、おひとりさま世帯です。

この、稼ぎ手が一人の世帯は収入を補完しあえる存在がいないので、
なにか不測の事態があった場合に、収入を絶たれてしまう、ということが起こり得ます。

特に企業に勤めていたり、雇われて給料を貰う立場だと、なにかあった場合は本当に困りますよね。

私も30代おひとりさまなので、収入があまり十分でなかった数年前は、貯蓄もままならずかなり不安な日々を過ごしていました。

嫌でも仕事は辞められないと思い込んでいましたし、時間もお金も自由にならない生活は本当に苦しいですよね。

今の時代、収入の柱が一本だけというのは非常に厳しい時代になってきています。

本当にお金を得て、稼いでいる人達がしている賢い方法、それが「投資」です。

入ってきたお金をどう使うか

消費にまわすか

貯蓄をするか

それとも……

この第三の選択ともいえる「投資」への考え方、お話していきます。

30代、40代独身女性の仕事で得たお金の使い道は?

単身世帯ですと月々の収入のうち自由になるお金は、結婚してお子さんがいる世帯と比べると比較的あるのではないかと思います。

その自由になるお金の使い道、どのようなものでしょうか?

貯金、消費が主だった所でしょうか。

じつはここに、お金を稼げる人と稼げない人の違いが出てくるんです。

「お金を稼げる人」の考え方と、「稼げない人」の考え方の違い

それは

「お金を稼げない人」が好きなもの=「買い物」

嫌いなもの=「投資」すること

逆に

「お金を稼いでいる人」が好きなもの=「投資」

嫌いなもの=「消費」

ということです。

もちろんお金を稼いでいる人も消費はします。

お金を使うのが嫌い(ケチ)という意味ではありません。

必要なものは買いますし、楽しみのためにお金も使います。

ですが、「消費」が大好き、というわけではない、ということです。

事実、私の周りにいる年収1.000万円稼ぐ人達も、自分の楽しみの為の旅行やレジャー、息抜きなどはしますが、特別ブランド品を沢山購入して高いものをいくつもいくつも持ち歩く、なんていう人はほとんどいません。

勿論、必要最低限の身だしなみや気持ちをあげるお洒落などは、女性は特に必要だとは思いますが、わざわざ高級品を見につけて、お金持ちっぽく見せる必要はないですからね。

本当にお金を稼いでいる人はそれをよくわかっていて、「消費」によって得られる満足感より、「家族や友人と一緒に素晴らしい体験をしたい」「何かに貢献をしたい」や「自分の成長の為になにかをしたい」というような、感情を満足させる事に重きをおいているからです。

ですが先程もいったように、

「稼げない人」は「消費」が好きで「投資」することが嫌い、です。

なぜかというと、お給料やボーナスが入った時に「何を買おう!」と考えてばかりで、つい、スマートフォンを買ったばかりなのに、新しい機種に変えたくなったり、皆が持っているから、という理由でブランドのバッグを買ってしまったり、特に必要もないのに目新しい最新家電を購入してしまう、という、お金を減らして、「消費すること」に価値を得てしまっているんです。

そして稼げない人は、同じ「お金を使う」ことでも、「投資」には凄く消極的です。

「本当に返ってくるの?」

「リスクがあるのはちょっと…」

「いつかやってみたいけど、怖い」

「絶対戻ってくるっていう確証があるならやってもいいけど~」

というネガティブな思いしか出てこない人が多いです。

確かに絶対に得をする、という保障はないものです。

絶対に得して損はしません!というものだったら皆こぞってやっているでしょうしね。

でも、よく考えてみてください。

「消費」して高級なものを買ったり、良いレストランで食事を一回して得られる満足感はいつまで続くでしょう。

おそらくかなり一時のものではないでしょうか。

その一度の「消費」の分を、「投資」に回してみて、もしそれが返ってくるとしたら…。

同じお金を使う、という行為でもかなり意味合いが違ってくると思います。

高級品や贅沢の為にお金を使うな!といっているわけでは決してありません。

上質なものを身に付ける、上等なものを味わう、というのは凄く大切な事だと私も思っています。

ただ、この「投資」で得られる価値やお金は、あなたの人生をもっともっと豊かに、高い場所へと引き上げてくれるものになるでしょう。

何度か言っていますが、投資というのはなにも「株」や「FX]のような資金運用だけのことではありません。

自己投資、セミナーや勉強会への参加、人脈作りへの投資も、後々自分へと大きく利益が返ってくる立派な「投資」です。

自分の自由になるお金のなかで、どれだけをこの「投資」に当てられるか、投資をすることができるかが、30代、40代からの人生を豊かにする決め手となってきます。

給料か時間か、どっち?と比較するのはもうやめよう。

今の社会人の大半は仕事の為に「自分の時間」を提供しています。
そして、時間を提供することで対価としてお給料を得ているといった考え方が多いですよね。

その貰ったお給料の中から、税金や家賃、食費、娯楽費などの「生活費」を払っています。

つまりほとんどの人は「自分の時間を提供することで生活費を稼いでいる」ということです。

生活をするために仕事をしている。

「自分の時間を提供」して一生懸命働く。

だから時間がなくなる。

時間がなくなるから、お金を少し貰ったとしても「本当にやりたいこと」はできなくなる

会社勤めやお給料を貰って仕事をしたことがある人は、誰しもこの壁に当たったことがあるのではないでしょうか。

これを打開する方法、それが「投資」ということなんです。

お金を稼げる人になりたいのならば、お給料だけ貰って「消費」に費やしていては無理です。

「自由な時間」をつくるには「生活費のために働かなくても、収入が得られる状態」をつくる。

これが肝心です。

今その事に気付いて行動できれば、あなたの人生は周りの会社勤めをしている方や、お給料を貰って働いて、自分の時間を消費してしまっている人たちとは明らかに違ってきます。

生活費を稼ぐために自分の時間を犠牲にすることはもうやめにしましょう!

お金の為に自分が働く、のではなく、自分のためにお金を働かせましょう!

稼げる人は、自分の時間を使わずに「投資」をすることで自らの富を生み出しているんです。

こちら「まずは月収10万円稼ぐ為のノウハウ」を無料でプレゼントしています。このメルマガで私と共に「ネットビジネスで稼ぐ」をいう事を体感していきましょう。


人気ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村