失敗したくないから挑戦しない チャレンジしないのは「成功」なのか?

失敗したくない人の心理とは?リスクが怖いのは誰もが持つ感情

こんにちは、izumiです。

少し昔の話になりますが、私の知り合いから「とても良い」という資格試験のセミナーを案内されました。

かなり専門知識の勉強が必要で、スケジュール的にも厳しいものでしたが、説明会だけでも聴いてみると良いよ、とおすすめされて、まずは説明会へと参加する事にしました。

その資格取得のセミナーですが、私の住んでいる地域で開催されるのが初で、この辺りの大きな地域でもその資格を持っている人は限られているものでした。

セミナーの内容を聴いた所、かなり充実したもので、しっかりとした資格を取れるという以外に、対話でのコミュニケーション、体験学習を交えた講習内容が自分の成長にとても為になると感じ、私はすぐにそのセミナーに申し込みを決めました。

数十万円のセミナーですが、それ以上の価値と自分が得られるものがあるとの確信からです。

その説明会に誘われた際、以前から顔を知っている方から連絡を受けました。

「izumiさん、あのセミナーの説明会参加するんですか?」

電話を受けて通話が始まった瞬間そう聞かれました。

「はい、知り合いからすすめられて、自分も興味のある分野なので説明会を聴きにいこうと思っています」

そうお伝えすると、その方は自分も興味があるという事をお話してくれました。

その方とはあまりビジネスのお話はした事がなかったのですが、私が開催するセミナーや、女性の起業セミナーなどで何度かお会いした事があるので、資格をとってなにかされたい方なのだな、と感じていました。

少しお話して、私が丁度パンフレットをいただいていたのでよければお貸ししましょうか?
となった所で、そのセミナーの受講料がかかるという事をきいたその方は、

「え?そんなにかかるんですか!?」と驚いて、

「勉強も大変そうだし、私は仕事が忙しいので試験に落ちるかもしれない、やっぱり考え直します」と言って、そのまま通話が終了しました。

結局その方は説明会も来ませんでした。

色々な事を考えて出された結論だと思います。

ただその方のお話をきいた時、その人がやりたいと思っている事、なりたいと思っている姿になるために、この資格を持つ、その勉強をするというのは凄く良い事なのではと私も感じただけに、勿体ないな、という想いもあります。

このセミナー、次回またこの地域で開催されるかは全く決まっていないとの説明があったからです。

もちろん、その方が後でやっぱり自分には必要だ!これをやる!と決められたら、どこで開催されようがきっと行くでしょうし、その為の時間も作るでしょう。

ですが、その費用は宿泊費や移動費が必要になって、今回の倍以上かかります。

お金だけでなく移動や受講の際に泊まりになれば、その分時間も今の倍以上、もっとかかる事になるんですね。

しかも、資格は今回の受講者が取るかもしれないので一番手ではないんです。

一番手が良い!という事でもないですが、やはり何事も先駆者というのは非常に強いです。

やっておけば良かった!と後から学んでも、それはどうしても先にしている方の二番手三番手になってしまいますから、そこから抜け出すにはまた更に努力や工夫が必要になってきます。

その方だけではなく、セミナーの説明会でも、

「元は取れますか?」

「この資格があればどんな仕事につけますか?」という方は少なからずいらっしゃいました。

この資格や勉強にどんな意味があるのか、

どう自分に活かせるのか、

それを決めるのは自分です。

自分には必要ないと思えばやめておけばいいし、

必要だと思えばやる!

どうしても、参加費や受講費のリスクを取りたくないという人は
失敗もしたくないから挑戦しない、という選択をしがちです。

失敗するというリスクをとりたくないんですね。

ただ、よく考えてみてください。

「失敗しない」=「成功している」でしょうか

失敗しないよう、リスクを負わないように行動して、自分が心から「成功した!」と胸をはれる状態になったことはどのくらいあるでしょう?

なんとなく、「このくらいでいいかな」や
「これでいいか」というような状態が多くはないでしょうか。

「私はこれでいいんだ!」と言い切れる方はとても素晴らしいですが、

もし、

「もっとやりたい事がある」

「もっと成功したい」

「今のままじゃ嫌だ」

というような想いがあるならば、

それはやはり、失敗しないように何もしないという選択では変えられませんよね。

世界の名だたる リーダーをクライアントに持つカリスマコーチと言われている、アンソニー・ロビンズという人は

「リスクを避けるのは恐れの感情。恐れに振り回される人生と、恐れに振り回されない人生どっちがいい?」

と言っています。

リスクときくと、「危険」や「危機」というイメージが強いですよね。

だから無視したり、そこから逃げたり、なかったことにしたり、直接かかわらないようにしがちです。

ですが、リスクを避けてばかりいると、今度は自分の安全だと思う範囲から出る事ができない。

そこから成長できない。

それ以上の成功を手にする事ができない状態になります。

自分の中で「安全である」ということが最優先事項になってしまうと、「変化」に対する許容度が低くなってしまうんです。

ところが、この変化を恐れる感情をコントロールして、リスクと「直面」することをいとわないようになった時、リスクは「危険」や「危機」ではなく、「機会」「チャンス」という前向きな意味に変わります。

どちらの後悔がより大きいか

『してしまったことを悔やむより、

したかったのにしなかったことのほうが、悔やみが大きい』

という有名な格言があります。

何もしなければ「失敗はしない」かもしれないけれど、あの時ああしていればと後悔しながら過ごしている人と、

挑戦して失敗したけれど「後悔はしていない、失敗したからもっと別の方法を探せる」と次にいける人

どちらが前に進んでいるでしょうか。

私も以前書きましたが、ネットワークビジネスで大変痛い失敗というか勉強をさせてもらいました。

ですがこの経験「してよかった」と今では思っています。

だって気になっていたのにやらなかったら、
きっと今でも「あの話にのっていたらお金持ちになってたかも」と夢を見て、事務員を続けていたかもしれないんですから。

あの経験のお陰で

「そんな甘い話はなかった」

「自分がやらないと変われない」

という貴重な経験ができました。

金銭面ではかなりの失敗だと思いますが、今の成功に繋がる「貴重な失敗」ですね^^;

あ!決して皆さんに「失敗しろ」といっているわけではありませんよ!

自分で成功の道をリスクも込みで選択する事ができたら、それは大変素晴らしい事です。

ただ、人間どうしても

「失敗したら恥ずかしい」

「失敗が怖い」

「笑われるんじゃないか」

という思いから、挑戦すらできない事があります。

それが、あなたの成長にとってとても勿体ない事だと私は思います。

もし自分が変わりたくてやりたいことならば、

自分のなりたいものの為にする挑戦ならば、

やらずに後悔してずっと嘆いているよりも、一度思い切って挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

最後にもう一つ偉人の言葉をご紹介したいと思います。

イギリスの政治家、ベンジャミン・ディズレーリ氏の言葉です。

行動はかならずしも幸福をもたらさないかもしれないが、

行動のないところに幸福は生まれない。

自分の幸福は自分の行動次第、その通りだと私も思います…!

幸福への行動第一歩!

こちら「まずは月収10万円稼ぐ為のノウハウ」を無料でプレゼントしています。このメルマガで私と共に「ネットビジネスで稼ぐ」をいう事を体感していきましょう。


おひとりさまランキング
にほんブログ村 小遣いブログ 女性のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村