仕事に行きたくない!人間関係に疲れた時の対処法

五月病対策にも  疲れた脳を休ませてあげよう

こんにちは、izumiです。

4月に入り心機一転新しい環境になった方や、変わらずいつもの職場、環境の方、様々かと思いますが、忙しい年度末、年度初めを過ごした後、5月に向けて

「よくわからないけど気分が重い」

「先を思って気持ちが塞ぎ込む」

「理由はないけどなんだかやる気がでない」なんていう人や

「職場の人間関係が嫌」

「新しくなった場所での人間関係が憂鬱だ」という人もいるかもしれませんね。

「五月病」という言葉もあるように、暖かくなって、気持ちが一度浮上した後に一気にやる気がなくなってしまったり、やっぱり自分にはできない、駄目だなんて不安な気持ちにもなりやすい時期です。

今回はそんな、なんだかわからないけれどやる気がおきない

脳が疲れてしまった状態の時に、簡単にできる対処法を紹介したいと思います。

脳と心の疲れを優しくセルフケアしよう

忙しくて気持ちが張りつめている、イライラする

人間関係が辛くて心がぎすぎすしている

上手く笑えない

そんな時は脳と心が疲れているサインです。

ここで無理をしても、集中力がなくてミスをしてしまったり、注意力が散漫になったりしてしまいます。

私は駄目だ、

うまくできない

仕事が嫌で仕方ない

そんな気持ちで毎日を過ごすのは本当に辛いですよね。

そんな状態の時にまず、一番簡単な脳の疲れをとる方法は

「ゆっくりと深呼吸をする」です。

鼻で息を吸って、口でゆっくりと吐き出す。

これを繰り返す事で、しっかりと酸素を体に取り込んで脳に送ってあげるんです。

意識して鼻から大きく息を吸って、ゆっくり口からはいてみましょう。

まずはこの深呼吸で、脳にしっかり酸素を送って心を落ち着けていきましょう。

綺麗なもの、素敵だと思う感情を大切に。うっとりする事は女性には大事!

脳が疲れていると、脳内伝達物質の「セロトニン」がうまく分泌されなくなります。

疲れすぎている時に感動したり、心が動かされる事が少なくなっているような気がする時はないでしょうか。

そんな時は、この「セロトニン」の分泌がうまくされていないのかもしれません。

この「セロトニン」日常生活の工夫で分泌を促す事ができるんです。

セロトニンというのは、うっとりとしたり、安らいだ気持ちになった時に出てくるものです。

たとえば、肌触りの良いふっかふかの暖かい毛布にふんわりと包まったり、大好きなアイドルの写真を眺めたり、

そんなうっとりとした気持ちになることを定期的にしてあげるだけで、セロトニンは分泌されます。

セロトニンという物質は、幸福感をもたらす物質ですので、これが分泌されることでストレスを軽減させたり、嫌なことも忘れさせてくれます。

あなたはどんなアイドル、俳優さんが好きでしょうか。

漫画のキャラクターや映画のスターなどでもとても良いですね。
どんなものが心地よいか、自分が心地良いと思う場所やもの、
そして、好きでドキドキするのものに触れてみてください。

ガムを噛む事でもセロトニンは分泌される

大リーグなどの外国の野球選手がガムを噛みながらプレーしているのを見た事はないでしょうか。

あの行為、ただ単にガムが好きで噛んでいるというわけではなく、
あの動作で、セロトニンを分泌させて集中力を高めるためと言われています。

ただしガムを噛むときは一定のリズムで、5~10分間無心になって噛む事が重要になります。

この単純な行為の繰り返しが、セロトニンの分泌を高めるんです。

ですのでどの運動も、単純な動作を一定のリズムを刻んで行い5分以上続けるようにすれば、セロトニンの分泌を高められる、ということですね。

例えば、ご飯をしっかりと噛む。5~10分、同じリズムで噛むようにすれば、
顎や顔の筋肉が鍛えられるだけでなく、脳内ではセロトニンが作られていく、というわけです。

その場で一定のリズムで足踏み運動をするのも効果的です。

少しの運動は気分転換や健康にも良いですから、毎日の習慣に組み込むのも良いかもしれませんね。

脳を活性化させるには感覚を鍛える!

人間の持つ五感「見る、聞く、触る、味わう、嗅ぐ」という感覚を鍛えるというのも、脳の活性化にはオススメです。

例えば、ものを食べるときに目を瞑って食べてみる。

視覚が遮断されると、食べ物の匂いや食感、味、音に対してより敏感になりますよね。

こんな風に、五感を敏感にするためにひとつの感覚をあえて遮断して、他の感覚を鋭く使ってみるというのは、感覚を研ぎ澄ます訓練として効果的です。

五感が敏感に働き、様々な事にさらに鋭く反応できるようになれば、
脳の活性化にも繋がってきます。

春の暖かさや、花の匂い、鳥の声など、色々なものに感動したり、
気がつける状態になれば、脳も活性化されていきますよね。

心が疲れてしまったら… マイナス思考でも良いじゃない

普段雑誌やテレビ、キラキラ女子のブログなどをみていると、「どんな時でもポジティブ思考!」「ネガティブな考えはやめよう!」と
そればかりがクローズアップされていたりする事があります。

仕事に恋愛、結婚、子育て、それ以外にも一人でいる事にも、女性は常に頑張らなきゃいけない、ポジティブでいなければいけない、と脅迫観念のようなものを持っている人も少なくありません。

ですが、そもそも全てを前向きに捉えられることができる人なんてほとんどいません。

ネガティブにしか考えられない自分は駄目なんだ…

なんて考えずに、発想の転換をしてみましょう!

たとえ後ろ向き思考だったとしても、自分がイライラしない考え方や進め方を優先すれば良いんです。

「良い人でいたい」

「仕事のできる完璧な人間になりたい」

「誰からも好かれるキラキラした女性になりたい」

そう思って、前向きにそれを目指すのはとても素晴らしいことですが、その為に本当の自分の気持ちを抑えたり、無理をしたり、ストレスを溜め込んでしまう…

それは本末転倒ですよね。

「意外とズボラな自分」

「駄目な所もある私」

「苦手なことがある自分」

そんな自分でも良いんです!

優しく受け止めてみましょう。

楽をしたいと思っていいんです。

そんな自分も可愛いと思って愛してあげることができれば、

「きちんとしなければいけない」

「何かを成し遂げなければいけない」

「完璧にやらないと…!」

そんな風に考えすぎて、心が疲れてしまうことは少なくなるはずです。

自分の「SOSサイン」を見逃さないようにしよう

頑張りすぎてしまう人は自分の心や頭の疲れには無頓着だったりする人がいます。

心と頭の疲れは溜め込みすぎると、身体にも変調が出てきたりします。

夜なかなか眠れない

朝すっきりと目が覚めない、ベッドから出たくない

休みの日は一日何もする気がおきない

顔の吹き出物がなくならない

など、いつもと違う身体の変化が出てきた時は、

「もしかしたら私は疲れているのかな?」と、

自覚して、

今日は好きなアロマを使ってみる、や、好きな音楽をゆっくり聴く
お風呂に長めにつかってみるなど、

自分に優しくする時間を少しとってみてあげてください。

いつもいつもポジティブ思考ばかりでは疲れてしまいます。

楽しい事を考えられない自分は駄目な奴だ

ポジティブじゃない私は不幸になる

そんな事はありません!

あなたにはあなたの大切なペースがあります。

人に振り回されずに、自分の心の声に優しく寄り添ってみてください。

「挑戦してみようかな」

「これがやりたかった」

「ズボラな私でもできる事があるはず」

そんな風に自分が思えた時に、動き出せるように準備期間も大切にしていきましょう。

なにか始めたいと思ったら…

アフィリエイトの為の文章術を学ぶならおすすめ

こちら「まずは月収10万円稼ぐ為のノウハウ」を無料でプレゼントしています。このメルマガで私と共に「ネットビジネスで稼ぐ」をいう事を体感していきましょう。


おひとりさまランキング
にほんブログ村 小遣いブログ 女性のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村