「バイト、パートで週3 4時間働きたい」はわがまま!?それぞれの理由

週3 4時間のバイト、パート。自由な働き方ってなに

こんにちは、izumiです。

4月も中盤に差し掛かってきて、新年度新しい働き方を模索したい、
仕事を探しているという方もいらっしゃるかと思います。

4月からすでに仕事やバイト、パートが決まって働き始めた方は今きっと一生懸命頑張ってらっしゃるかと思うのですが、

一方で、なかなかそうはいかない現実の方もいらっしゃいますよね。

私も先日立て続けに同じような相談を2人の女性から受けました。

それが、

なかなかパート(バイト)に受からなくて…

というものです。

ご相談受けた方、一人は小さなお子様を育てている最中の現在専業主婦の方。

午後の少しの時間パートなどして家計の足しにできればという事でした。

もう一人は仕事を辞めたばかりで、資格を取るため勉強しながら開いた時間に少しでも働こうと考えるおひとりさま女性でした。

どちらも30~40代。

色々抱えていらっしゃるものや、立場、事情などは違いますが、お二人とも、自分の時間をなんとか少しでも仕事にできないかと悩んでいました。

バイトやパートの仕事が沢山ある都心部ならば、きっと「きちんと探せばすぐにあるでしょう」と思われるかもしれませんが、都心から外れた地方となってくると、パートやバイトでも、なかなか自分の条件にあった案件というのは少なくなってきてしまうんです。

しかも、週3日で4時間という条件は、やはり子育て中の方や、子供が保育園に通えるようになった年齢のご家庭だと、とても人気のある条件になります。

バイト、パートの「週3」「4時間」の「時短勤務」が人気なのは何故?その理由

では、どうしてバイトやパートで時短勤務が人気なのでしょうか?

このような働き方が女性の理想の勤務形態となっているのには、日本独特の女性への価値観があるのではないでしょうか。

女性が子育てと仕事を両立すべき

子育てを放ってまで仕事に出る意味はあるの?という世間の目

そのような考え方が今だ根強いため、できれば子供を保育園に預けられる時間帯だけ働きたい、家事と両立できるような時間帯で仕事をしたいと考える方が多いように感じます。

ただ、週3 4時間の仕事を探してみても、実際には週5 6時間以上勤務というような条件の求人が多く、理想の求人だと思って働きはじめても、勤務日を増やされる、残業は毎日ある。

実質週5 6時間勤務となんら変わらないという方もかなりの数いらっしゃいます。

それでも何も言えない、

人に迷惑をかけたくない、

他に働くところがない 

などという気持ち、よくわかります。

働き方の多様性を認めるならば 週3 4時間の働き方は理想!でも現実は……

先ほど書きましたがこの働き方、なにも主婦の方だけじゃないんです。

働き方を模索している大学生や私のようなおひとりさまにとっても、
週3 4時間の仕事を一つ持てたら、その他にも違う仕事を一つ、二つ持つ事ができますよね。

一か月3万円稼げる仕事をいくつか持つ

藤村 靖之さんの著書「月3万円ビジネス」

そんな考え方を数年前に本で読んで、私はこれが理想形だなと酷く感銘を受けたのですが、月に3万円稼げるような小さなビジネスをいくつも持つという働き方です。

月3万円の仕事も10個持てば月収30万円ですよね。

この藤村さんの本では、地元や田舎のような地域に根付いた働き方で、人との絆を大切にする働き方が多く、また、他のこのような「月3万円稼ぐ」系の本は節約や、なるべくお金を使わない暮らしなどを
推奨するものが多い印象なのですが、

私は特に畑を耕したり、自給自足生活をしたら良いよという気はありません^^

この考え方のエッセンスだけいただいて、

月3万円稼ぐ仕事をいくつか持つ事が「複業」の最高の形ではないかと思っています。

好きな事、やってみたいことをいくつか仕事にする。
それらで月3万円稼ぐ働き方をする、

一つの仕事で月に30万円稼ごうと思ったらかなり厳しいですが、

月3万円で良いとなるとやり方は色々出てきそうですよね。

私の推奨しているネットビジネスなどは上手くシステム構築ができれば、3万円どころではないので、いくつも仕事を掛け持つ必要は全くないですし、

楽しく好きな仕事で月収30万円、50万円!

最高ですよね!

だから私は、短時間労働で集中して仕事をする働き方凄く良いと思っています。

前述した、
おひとりさま女性が、働く時間の他は資格取得の為に使いたい、という気持ちもわかりますし、

子育て中の少しだけできる時間だけ働きたい、という気持ちもとても大切だと思います。

だからこそ、この「時短勤務」したいけれどできない、という現状が凄くもやもやしてしまうんですよね。

働き方の多様性というならば、やはり一つの会社に一日8時間(それ以上)働く、という以外にも、様々な労働形態を用いる時代になってきているのではないかと思います。

特に女性は色々なライフイベントによって、仕事を辞めなければいかなくなったり、休職したり、将来を強く考える場面が多々あります。

おひとりさまも、

主婦も、

子育て中の女性も、

自由になる時間の余裕を持てて、それでお金も稼げるような働き方を、もっともっと提案できるようにしたい!

そんな働き方をもっとお伝えしたい!

と決意を新たにした出来事でした。

月3万円ビジネス、一万円で起業など面白いアイデアの書籍はこちら

こちら私から「まずは月収10万円稼ぐ為のノウハウ」を無料でプレゼントしています。このメルマガで私と共に「ネットビジネスで稼ぐ」をいう事を体感していきましょう。


おひとりさまランキング
にほんブログ村 小遣いブログ 女性のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村