マイクロソフトオフィスを無料でダウンロードする方法

この方法を実践すれば2万円で市販されているマイクロソフト公認のオフィスソフト、【ワード、エクセル、パワーポイント】を無料で使うことができます。
ワードやエクセルはネットビジネスだけでなく、様々なシーンで使えると大変重宝しますので、こちらのアカウント、作っておいて損はないかと思います。

ワードは文章や記事を打つ際、
エクセルはアドレスやパスワードの管理、リストの管理など
パワーポイントは動画講義用のプレゼン資料を作る際などに活躍するソフトです。
オンライン上でしか使えないのでネットにつなぎながら使わなければいけないという制限はありますが、機能上不便に感じるところは特にありませんのでオフィスを無料で使いたい方は是非、実践してみてください。

ではそのやり方を説明していきます。

まずはこちらのone drive公式ページを開く。

one drive公式ページ⇒https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

オフィス1

1.one driveのホームページにアクセスして「新規登録」をクリックします。

オフィス2

2.新規登録の「アカウントを作成する」をクリックします。

※マイクロソフトのアカウントをすでに持っている方は
新規登録作業は不要です。

3.アカウント作成画面が表示されるので赤枠内を全て記入して
「アカウントの作成」をクリックします。

ここで入力したメールアドレスとパスワードは今後、
マイクロソフトオフィスを使い際に必要になるので忘れないようメモしておいてください。

次の画面が表示されると同時に登録した
メールアドレスにメールが届いているのでメールボックスを開いてください。


4.メールボックスにMicrosoftアカウントチームからメールが
届いているので確認ボタンをクリックします。

5.”確認できました”と表示されればアカウントの登録が完了して
マイクロソフトオフィスが使える状態になっています。

(アドレスとパスワードを要求されることがあるかもしれませんので、その際はアドレスをご入力ください)

6.もう一度one driveのホームページにアクセスして「サインイン」をクリックします。

するとこちらの画面に切り替わります。

7.one driveメニューバーにある「+新規」をクリックするとワード、エクセル、パワーポイントなどが表示されるので使いたいものを選択して使用してください。

ワードを選択してみました。

市販のパッケージ版のマイクロソフトオフィスのワードと変わりありません。

エクセルも

パワーポイントもこのように作成できます。

作成した書類は下記のようんみ保存できます。

ネットビジネスにおいてPDFやプレゼンなどを作りコンテンツで
販売する場合マイクロソフトオフィスが便利なので所有していない
方は是非今回の方法を実践してみてください。