ダイレクトマーケティングのキーワードとなる フロントエンドとバックエンド

今回はネットビジネスで重要になってくるマーケティングのひとつ、
フロントエンドとバックエンドマーケティングについてお伝えします。

ハテナ

「フロントエンド」とは「集客商品」とも呼ばれ、その名の通り、
顧客を獲得するための商品、お客様を集めるための商品のことです。

お客様を獲得することが目的であって、利益を出すことが目的ではありません。

この商品を売ることによって、できるだけ沢山の人に興味を持ってもらうことが重要です。

ここからバックエンドの商品の販売に繋げていくことになります。
このフロントエンドは、

□安い商品である
□たくさん売れる商品である
□売るのが難しい

という特徴があります。

まずは手にとってみてもらう、興味を持ってもらうために沢山売れて、手を出しやすい価格帯にする必要があるということですね。

そして、新規顧客を獲得するために売っている商品なので競争が激しいのです。

大量の広告が溢れている中で自分の広告を選んで購入してもらうというのは、とても難しいことです。

続いて、
「バックエンド」です。

バックエンドとは「利益商品」とも言います。
利益を出すための商品ということです。

利益の出ないフロントエンドで顧客になってくれた方に、今度はバックエンドを売ることによって初めて利益が生まれることになります。

これがバックエンドの目的です。

ターゲットは主に既にフロントエンドで商品を一度手にとっていただいている方、既存のお客様などになります。

バックエンドはフロントエンドに比べて販売が簡単です。

雑誌などに不特定多数の人に向けて広告を出して販売する場合と比べて、もうすでに興味のある人に向けて、そのお客様向けの商品を提案するのですから、競争が激しくないからです。

また、一度フロントエンドの販売時に一度お金を払ってもらい商品を届けているので、ある程度お客様との信頼関係も築けています。

美容室を例にあげてみますと、
新規のお客様向けに割引のメニューやクーポン券を販売するとします。

これがフロントエンドの商品です。

このクーポンで興味をもってお客様がきてくれます。

しかしこの時のお客様の心境はまだ、お店がどういう所なのか、期待通りのサービスをしてくれるのか少し不安なのではないでしょうか?

お店との信頼関係はまだ築けていない状態といえます。

ですが、この初めての来店で期待通りのサービスを受けられたらどうでしょう。

2回目もまたこの美容室を利用しようと思うのではないかと思います。

お客様との信頼関係が築けた瞬間です。

その後の販売をバックエンドの商品に繋げることができますので、
そのような意味で、バックエンドは売りやすいと言えます。

このように、フロントエンド、バックエンドとは
お客様との関係を構築していくことが大切となっていきます。