仕事の転職準備のために受けたコンサルでの笑えない失敗談お話しちゃいます…!

こんにちは、izumiです。

今日は私が昔まだ会社勤めをしていた頃、時間に追われながら、やりがいのない仕事をやり続けることに嫌気が差し、真剣に転職、しかも独立!を考えだした頃に受けた「コンサルティング」での忘れられない失敗談をお話したいと思います。

そもそもコンサルティングとはなにか

コンサルティングとは

専門家の立場から相談にのったり指導したりすること。また、企画・立案を手伝うこと。「コンサルティングサービス」

出典 小学館   デジタル大辞泉について 情報  | 凡例

と、世間一般にはいわれています。

「コンサルティング」と一言でいっても、色々な形の人がいます。
現在コンサルタントの資格というものはなく、実は名乗れば誰でもコンサルタントにはなれるんです。

もちろん企業や専門の業者に対して、業務のコンサルやアドバイスをするのですから、それに対する知識や資格はあったほうが良いでしょう。

建築コンサルタントには「住宅建築コーディネーター」、IT関連のコンサルをするために「ITコーディネーター」の資格を持っていれば信頼も高いといえますよね。

ほかにも、「社会保険労務士」や「中小企業診断士」などの資格をとって、コンサルタントとして仕事をする人も多いです。

今回、私が受けようとしたのも女性の起業、特に自分の特技や趣味、やりたい事を活かして起業をしたいと思っている人向けの初期段階のコンサルティングでした。

その頃私は地方に住んでいたので、そこに有名な女性起業のコンサルティングをしてくださる先生が来てくれる!と、一も二もなく飛びつきました。

どうして会社を辞めたかったかはこちら に詳しく書いていますが、
自分にもなにかできる事はないか、自分の力でお金を稼いで生きていきたい…、とその頃は漠然と考えていたんですね。

ですが、この募集実はコンサルはコンサルでも「経営コンサルティング」だったんです。
前述したコンサルティングは企画、立案をお手伝いしてくれることもあるもの、どんな事をこれからしていったらいいかなど、相談にのってくれるようなコンサルもあります。

が、
「経営コンサルティング」は、一般的に「経営者や経営の様々な課題を明らかにして、それを解決する助言をする」ようなものが多いです。

特に今回私が応募したのものも、コンサルティングというものの中でも経営コンサルティングでした。

もうすでに動き出している人向けに、集客や売り出し方の課題を洗い出して、売れるためのアドバイスをする、というやつです。

もちろん、募集の項目には「初心者の方も大丈夫です」と書いてありました。
自分の強みを知りたいかたもご参加ください、と。

ですが、それを真に受けていったらとんでもない事に……!

コンサルを受けたら独立できると思っていた…!恥ずかしい失敗

コンサルを受けるに当たって事業の事とか、何で起業をしようと思っているのか、何にも考えていなかった、と言っても、実は自分の中では考えているつもりではいました。

本当に「つもり」だったんですけどね(笑)

私の考えでは、実は会社に勤めながら「エステティシャン」の資格をとっていたので、それを主軸に趣味でやっていたwebデザインをきちんとした仕事にする事ができれば…と思っていました。

今考えると、エステティシャンやりながらwebデザイナーって…、全然違う方向性すぎて何故この2つ!?と思ってしまいますね^^;

どう考えても一つに絞った方が良さそう。

なのに、当時の私は「どちらもやりたいことだからやろう」と本気で考えていたという…無謀ですねー。

勿論やろうと思えばできない事はないと思いますが…。

しかも、その時は「このコンサルティングを受ければ、先生が良い方向へ導いてくれる」「収益があがる方法を教えてくれる」となんとも甘すぎる思考でした。

コンサルさえ受ければ、先生がなんとかしてくれる…

ううーん…!他人任せもいいところで、今思い出すと先生には本当に顔向けできないなぁ、と恥ずかしくなりますね><

そんなこんなで2つの仕事をしたい!と意気揚々と挑んだコンサルティング当日。

そのコンサルティングは、私と同じような起業を目指したりコンサルを受けたいと思う女性数人を交えた「グループコンサルティング」というものでした。

1人のコンサルティングの先生を囲み、1人ずつ相談内容を話し、それをコンサルの先生と周りできいている他の受講者の人も、お客さん目線でアドバイスしてみる。というものです。

グループコンサルの方法は、その時々で色々違うと思いますが、私が今回受けたグループコンサルはこんな風に進みました。

グループコンサルには、先生を除き6人のコンサルを受けたいメンバーがずらり。

その中の1人が私です。

もう既に場違い感が凄い。

先生がお若い方だったんですが、そこに集まった人たちは当然ながら自分よりも年上のいかにも起業してます!なキラキラ(ギラギラ?)した人たちばかり。

その当時30代前半の、しかも起業もしていない会社員の私は相当浮いていました。

「これは来るべき所ではなかった…」

内心かなり帰りたくなっていたんですが、折角高いコンサル料払ったんだから、何かアドバイスはもらって帰りたい、と自分を奮い立たせます。(ここでもなんかもう貧乏根性というか、元とってやる!みたいな気持ちがあって自分でがっかりしてしまいますが;)

と、ふと隣を見るとおそらく自分よりも少し年上くらいのふんわりとした女性が。

雰囲気もギラギラしてない!

よくよくお話きいたら、その方は今、子供が生まれて育児休暇中だけれど、育児休暇があけたら元に会社に戻るのではなく、自分のしたい事でお金を得られないか、自分がもっと人の役に立てる仕事がしたい、とここにいらしたそうです。

自分がしたい事でお金を得る…!

そうですよね!それができたら最高ですよね!

しかも人の役に立ちたいという想い…!素晴らしい。

自分を馬鹿にした上司を見返してやりたい一心の自分が恥ずかしい!(いや、でもこの気持ちは絶対にやるという原動力になっているので、自分には凄く大切だったんですが/笑)

この方とお話して「ああ、私と同じでなにかしたいと思って行動したばかりの人もいらっしゃった」と心の底からほっとしたのを覚えています。

しかし、

やはり甘くなかった!グループコンサルで知る自分の無計画さ

ただ、同じようなスタートラインの方がお隣にいらっしゃっても、
自分の起業計画が穴だらけなのは変わりません。

実際にもうすでに起業していて、人脈もそこそこ築きかけている人たちの前で、自分の穴だらけの事業計画(ともいえないもの)を発表した時は本当に顔から火がでそうでした。

他の方も親身になって
「やっぱり一つに絞った方がいいかもしれないね」や
「デザインだったらこんな風にするといいよ」などアドバイスはしてくれたのですが…。

隣の主婦の方も、自分の発表の時にはあまり言えることがなくてとても居心地が悪そう。

当然ですよね。

実際に動いているわけではないので、アドバイスしようにも「こうしてみたら?」というくらいしかできない。

課題の洗い出しも「自分がそれを本当にやりたいのか」ということくらいしか無かったんです。

でも何かしたいと思って行動した気持ちは強かったので、なにか一つでも自分のものにしたい…。

コンサルの先生も流石慣れてらっしゃる!
全国をコンサルティングのために回っている方なので、こういう経営コンサル以前の状態で参加する人にも沢山あっているようでした。

後日お話をきかせていただいたら、やはり女性の起業講座やコンサルをした場合、私のような漠然としたものを持って、でもなにかはしてみたいと考えて参加される方が多いそうです。

先生の優しい対応には本当に安心したのですが、
甘い考えで参加してしまった、という想いが凄く強かったです。

そして、そんな私に追い討ちをかけた出来事が……

グループコンサルに参加した他の数人のメンバーが集まって、

「活動もしていない人がコンサルに参加してほしくなかった」

「その人に時間をとられるのが嫌だよね~」

と影でこっそりと言っているのを耳にしてしまったんです。

もうね!!

自分でも申し訳ない気持ちがあるから、そのダメージといったら半端がないわけです。

悩み

ただでさえ起業の理由も、
他の人はそれはそれは立派なもので、「メイクをして多くの女性に自信と輝きを与えたい」とか「セラピーで多くの人の心を救いたい」とか言ってる人達からしたら、私の「自分の力でお金を得たい」という理由なんて「何言ってるんだコイツ」と思われるものですよね;

コンサルの先生とは、その後も交流させていただいている関係ではありますが、その当時の自分の考えの甘さを猛省し、しばらく「コンサルティング恐怖症」になってしまいました(笑)

と、同時にこれは、

私は

どんなに初心者の方にも、仲間で頑張ろうという想いで接していこう。はじめは皆初心者で、知らない事があって当然なんだ、この気持ちを忘れないでおこう

と強く心に決める出来事でもありました。

自分のふがいない経験から得た、貴重な学び

この時のコンサルティングがかなりのトラウマとなったんですが、
そのかわり得たものもありました。

私は世の中のためになる!という凄い信念があるわけではないですが、

変わりたいと勇気を出して行動している人の役に立ちたい。
こういう人の変わりたいという想いを大切にしていきたい、と思えたことです。

光

もともと負けず嫌いの気質も強いので、この時陰口いってた人よりも頑張るぞ!と思えたのも大きかったかもしれません;

(でもその方々の気持ちもわかるんです、お金払って受けたコンサルですから、無駄にしたという気持ちは持ちたくないですよね><)

どんな信念でも良いんです。

信念なんかない、ただお金が欲しい、自立してお金を稼ぎたい、

私はそれで良いと思っています。

マズローの5段階欲求の記事でも説明していますが、人はまず自分の生存の為の欲求を満たして安心安全になってから、自身の承認の欲求や自己実現の欲求が出てくるといわれています。

「安全の欲求」まではお金がないと得られないものも多いです。

まず安定してお金を得られる環境を整えてから、自分のしたい事を考える、で良いのではないでしょうか。

私はそのお手伝いができれば最高だとこの経験を経て学びました。

今でもコンサルティングには苦手意識があるんですが、思い返すと良い経験したな、と思います^^;

現在「まずは月収10万円稼ぐ為のノウハウ」を無料でプレゼントしています。このメルマガで私と共に「ネットビジネスで稼ぐ」をいう事を体感していきましょう。