なりたい自分になる!輝く女性はキラキラのセルフイメージを持っている

セルフイメージを高める方法

こんにちは、izumiです。

セルフイメージとは

自身が持つ自分自身に対するイメージです。

自分で自分のことを

“自分はこんな人間だ”と思っているイメージのことです。

高いセルフイメージを持つことの重要性

あなたはどんな自分になりたいですか?

理想のわたし

人間は“周りの人間からそう思われている自分”になっていきます。

だから周りの人間が”この人は素敵な人だ”と思われたらそのようにになっていきます。

逆に”悪い人だ”と思われていれば悪い人になっていってしまいます。

高いセルフイメージを持てば、
現実の自分(性格や振る舞い)もそのイメージに近づくようになっていくのです。

では、どうすれば高いセルフイメージを持つ事ができるようになるのでしょうか。

それが下の4つのステップです。

【セルフイメージを高める4ステップ】即効型

  1. 理想の自分をイメージする
  2. 理想の自分を演じる、自分は理想の
    自分になったと思い込む・演じる
  3. 周りの人間のあなたを見る(イメージ)が変わる
  4. 周りの人間があなたに対して抱いている
    イメージがあなた自身のセルフイメージになる

大切なのは“自分は理想の自分になったと思い込む・演じる“ことです。

例えば、私でいえば

起業をする前は

朝起きて眠い目をこすりながら朝ご飯を食べて、
メイクをして、TPOをわきまえた無難で地味な洋服を選び、決まった時間に家を出て会社に向かっていました。

でも、私が理想とする自分で独立して働く起業女子は

朝は少しゆっくり起きても大丈夫、

健康に良いバランスのとれた食事とお洒落なスムージを飲み、
好きな色の服を好きに選び、仕事は好きな場所を選び、美味しいコーヒーを飲みながら。

セルフイメージカフェ

それが私の理想の生活です。

今もそれに近い生活を送れてはいますが、
起業をはじめた当初はまず、理想に近付くために、
今まで黒かグレーしかなかった服を好きな色に揃え始めました。
そして、スムージーの機械を店舗に見に行く。

そんな所からはじめました。

それが何になるのか?
そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、自分のイメージを理想に持っていく、その為に行動する、というのはとても大切です。

私の理想の女性はこんな風にだらだら仕事をしない、
人のみていない所でだらしないなんてことはない

そうイメージできれば、常に自分も高い意識を持つ事ができ、気持ちも引き締まります。

自分が意識すると周りも見る目が変わってくるのがわかります。

私もセルフイメージを意識するようになってから、周囲の人に
「いつも笑顔ですね」や「楽しそうに仕事をしていますね」と声をかけられる事が増えました。

声をかけてもらえる事で、それが更に自信になり、
もっとこうなりたい、こうしていこうと自己意識が高まっていきますよね。

【セルフイメージを高める4つのステップ】継続型

  1. 理想の自分をイメージする
  2. 理想の自分に近づくための小さな
    成功体験をコツコツ重ねる
  3. 周りの人間のあなたを見る(イメージ)が変わる
  4. 周りの人間があなたに対して抱いている
    イメージがあなた自身のセルフイメージになる

過去に事業を立ち上げて稼いだ経験がなければどうしても稼ぐことに対して低いセルフイメージを持ってしまいがちです。

『どうせ、自分にはできない』

『起業なんてムリ』

しかし、そういった思考は表情や仕草、態度に表れて、
周りの人間からは”この人はどうせできない”と認識されるようになります。

そうなると、ほんとうにできません。

従って、”徹底的にできる自分”をイメージして演じるか、

コツコツと小さくて良いので成功体験を積みかさねてください。

そして周りから”この人はできる、成功している人だ”
と思われてください。

ですが、だからと言って成功していないのに
自分は1000万円稼いだとか、嘘をつくのは止めたほうが良いです。

信頼問題に関わってきてしまいますよね。

セルフイメージが上がればすぐに大きな実績がでますし、そこは正直に打ち出していきましょう。